このページの本文へ移動

TOKYOイチオシナビ 見つけて活かす東京の地域資源

文字サイズ

地域産業資源紹介


あだち菜うどん・あだち菜パスタの乾麺

あだち菜うどん・あだち菜パスタ

■指定されている場所: 足立区

あだち菜うどん、あだち菜パスタは、足立区の農・商・工・福祉が連携して開発に取り組んだ足立区の新たな名産品です。あだち菜(足立区で生産される小松菜)を練り込んだうどんとパスタは、あだち菜の風味と緑の色合いを楽しめる着色料無添加の麺です。




あだち菜とは

現在の足立区は、江戸時代には、その近郊の農村で、野菜の栽培が盛んでした。当時は「青菜」と呼ばれていた小松菜もその一つでした。


出荷前のあだち菜

現在では小松菜は、足立区内の野菜の生産量の中では第1 位となっており、全国的にみても小松菜の一大生産地の一つとなってい
ます。足立区で生産される小松菜は、地元特産品の知名度向上と、ブランド化をめざして「あだち菜」と命名されました。

 


あだち菜うどん


あだち菜うどんの調理例

あだち菜うどんもパスタも、開発は生麺から始められました。あだち菜うどんは、生のあだち菜を、ミキサーでジュースにしたものを小麦粉と混ぜ合わせて麺にしています。野菜を混ぜた麺は、小麦粉に対して野菜分を1 ~ 5% 程度混ぜるのが一般的ですが、開発段階で練り込む方法を試行錯誤した結果、生麺にフレッシュなあだち菜を20% も練り込むことに成功しました。チュルチュルとコシがあり、小松菜の色鮮やかさを楽しめる上に、栄養豊富なうどんが完成しました。食べ方は基本的に「つけうどん」で、東京の郷土料理である「武蔵野うどん」風のスタイルをイメージしています。これらの製造はすべて足立区の製麺工場で行われています。


通常の麺の4倍時間をかけた熟成乾燥

やがて、お土産用や記念品、家庭用にも便利な乾麺も開発されました。麺に練り込む「あだち菜パウダー」は、足立区内の障がい者福祉施設「あだちの里」で造られました。乾麺は湯捏(こ)ね製法で、合成保存料は無添加で、色も着色料を使用しておらず、自然な緑の色が特色です。あだち菜うどんのパッケージには、歌舞伎でお馴染み「助六(すけろく)」を祀った比翼塚(ひよくづか)が、足立区の易行院(いぎょういん)にあることにちなんで、助六のイメージが用いられています。

 


あだち菜パスタ

あだち菜うどんを給食に取り入れてもらった際、「給食は熱々ではないので、パスタが食べたい」という生徒からのリクエストがあり、その期待に応えて開発がはじまりました。あだち菜パスタは、フェットチーネです。生麺に続き、おみやげ乾麺も開発されました(開発のために、クラウドファンディングによる資金調達も行われました)。


あだち菜パスタの調理例
(モン・シュリンプ・アダチーナ)

あだち菜パスタは、練り込んだデュラム小麦100% のパスタに、生のあだち菜換算で50g 以上を含んでおり、プッツリ、ヌルっとした食感と共に、あだち菜の色合いも楽しめます。水捏ね製法を用いた乾麺も開発され、パッケージには、助六を愛した女性である「揚巻(あげまき)」がデザインされています。


あだち菜うどん・あだち菜パスタ関連イベント

あだち菜うどん・パスタが足立区発信の東京新名物となることを目指し、さまざまな取り組みがなされています。2014 年には、日本全国から強豪の集まるうどん天下一決定戦に出場し、初陣ながら8 位入賞を果たし、2017 年には「あだち菜うどん&あだち菜パスタ 料理コンクール」が開催されました。
画像提供:NPO法人あだち菜うどん学会


一覧はこちら

ページ
トップへ
戻る