このページの本文へ移動

TOKYOイチオシナビ 見つけて活かす東京の地域資源

文字サイズ

地域産業資源紹介


まちだシルクメロン

■指定されている場所: 町田市

町田の新たな地域特産品であるまちだシルクメロンは、町田式新農法という水耕栽培により、従来の方法では非常に難しいとされてきたメロンの栽培が可能になり、実現しました。まちだシルクメロンの特長は、皮の近くまで柔らかく、糖度が高くて甘いことです。まちだシルクメロンという名称は、町田の地がかつて八王子から横浜港に絹を運ぶ「シルクロード」の中継地であったことに由来します。さらに、まちだシルクメロンのなめらかな舌触りが、まるで上質なシルク製品を思わせることもその理由です。
 





栽培槽内の液肥の流れ 従来の水耕栽培の方式(上)と 町田式新農法(下)の違い

 

町田式新農法

まちだシルクメロンの水耕栽培は、町田商工会議所と町田市内・市外の協力10 企業との連携によって始まりました。まちだシルクメロンは、2015(平成27)年、「まちだシルク農園」(上小山田町)で初めて収穫されました。町田式新農法の特色の一つは、中央から流れ出た液肥が、槽内の内壁にぶつかった後で対流を伴いながら四隅から排液される仕組みになった栽培槽にあります。従来の方式では、養分が根に届かず、よどみによる根腐れや根の病気も生じるおそれがありましたが、この町田式新農法を用いてトマトやキュウリ、葉物野菜などの栽培も試みられています。

 

町田式新農法の栽培槽では、根は放射状に成育し、液のよどみが生じないので、根の健康も保たれます。従来の方式では株一つに対してメロンの果実は1 ~ 5個採れますが、町田式新農法では株一つから50個以上の果実が収穫できます。さらに、年間最大5 回の収穫も可能となっています。







まちだシルクメロンの栽培風景



まちだシルクメロンを用いた商品

町田市では、まちだシルクメロンを使ったケーキやパフェなどさまざまな形で活用されています。2015 年秋には「プレミアムスイーツコレクション」が開催され、まちだシルクメロンを用いたスイーツを募集しました。審査会によって認定された「まちだシルクメロンプレミアムスイーツ」には、香り高いメロンクリームを用い、メロンの形で見た目もかわいい「シルクメロンマカロン」、シルクメロンと町田産のサツマイモのコラボによる「シルクメロンスイートポテトクレープ」や、メロンパンにシルクメロンの果肉・果汁を入れた「まちだシルクメロンパン」、多くのメロン果汁が入った「まちだシルクメロンキャンディー」などがあります。


まちだシルクメロンを用いた
さまざまな製品


まちだシルクメロンとパッケージ


一覧はこちら

ページ
トップへ
戻る