このページの本文へ移動

TOKYOイチオシナビ 見つけて活かす東京の地域資源

文字サイズ

地域産業資源紹介


昭島の水

■指定されている場所: 昭島市

昭島市民から「昭島市の水道水はおいしい」 という声がよく聞かれます。昭島市の水 道水は 100% 深層地下水を水源としており、水道水ながら、市販されているミネラルウォーター と変わらぬおいしさです。昭島市では、2015(平 成 27)年から、昭島の水のブランド化に取り組 んでいます。


水と緑に恵まれた昭島市

昭島市は豊かな緑と水に恵まれており、北には 玉川上水、南には多摩川が流れています。東京 の名湧水 57 選に選ばれている拝島町の「龍津寺(りゅうしんじ)の湧水」、宮沢町の「諏訪神社の湧水」をはじめとして、市内約 30 か所に湧水(ゆうすい/わきみず)が点在しています。 かつて、昭島では地下約9m 程度の井戸が市内各所で掘られ、飲み水として供されてい ました。それらの「浅井戸(あさいど)」は、地表に近い帯水層から取られており、雨が 少ない時期には水が涸(か)れることがありました。


昭島市の水道水


東部第 6 号水源井

現在、昭島市の水道水は、昭島市水道部の管理する 「水源井(すいげんせい)」と呼ばれる井戸から取られています。水源井は市内に 20 か所あり、深さ150 ~ 250m の地層に達する「深井戸(ふかいど)」で、 天候に左右されずに安定した取水が可能です。1 日 に約 3 万 5 千m³の地下水がくみ上げられています。


昭島市南方の山地や武蔵野台地に降った水が、約 30 年もかけてゆっくりと地下にしみ 込んでいき、地下 100 ~ 200m にある含水層に達します。地下へしみ込む過程で、砂礫(さ れき)がフィルターとなって水の中の不純物を除き去る一方、ミネラル分や炭酸が添加さ れます。水源井から取られた水は、昭島市内の三カ所ある配水場に集められ、配水場の中 の「着水井(ちゃくすいせい)」にいったん貯められます。元々きれいな深層地下水が集 められているため、他の地域の配水場にみられる沈殿槽・濾過槽の必要がありません。原水のままでも十分飲料に適して いますが、着水井で水道法によ り定められた最小限の塩素(次 亜塩素酸ナトリウム)が加えられています。いったん配水池に 貯蔵された水は、配水ポンプで 送り出され、市内全域に張り巡 らされた水道管で市内に分配さ れます。昭島市の水道水の場 合、井戸からくみ上げた水が12 時間以内に各家庭に届くため、とても新鮮です。深層地下水は年間の温度差が小さい ため、昭島の水道水は夏は冷たく、冬は温かく感じます。


配水場模式図

 



昭島の水の活用


「夢つなぎ人」

昭島の水は、飲食店や食品づくり、ものづくりをす る事業者に有効活用されています。昭島市では、そ うした例を掲載した「夢つなぎ人」という冊子を刊 行し、昭島の水の魅力を発信しています。それら の冊子には、「あきしまの水で育てた花の色が良い、 日持ちがする」、「昭島の水でつくった麺とスープは 美味しい」、また伝統工芸の藍染作家の方からも「昭 島市は東京都で唯一水道水に深層地下水のみを使っ ており、おいしくてきれいだということを聞き、ただそれだけで昭島に移住してきた」と いったさまざまなコメント・体験談が掲載されています。



シンボルマーク

2015(平成 27)年、昭島市では、深層地下水 100%「あきしまの水」ブランドを推進するためにシンボルマークを作製しました。カラーは3 色あります。



一覧はこちら

ページ
トップへ
戻る